初めてのパリ 初めての一人旅 おばさんの大冒険

(Fri)

Posted in 私事

其の十四

7日目
いよいよ帰る日です。
飛行機が13時30分だったのでお迎えは9:40にロビーでした

それまでの時間、ホテルの近くにガイドブックに載っていたKBカフェショップ53
( ave trudaine - 62 rue des martyrs 75009)があったので
そこへ行くことにしました。
フランスのよくあるカフェよりももっとカジュアルな感じのお店です。
カウンターで注文するタイプのお店というのを知らなかったので
座っているとお姉さんが教えてくれて、カウンターでコーヒーを注文しました。
後でガイドブックを読むとオーストラリア版カフェラテ「フラット・ホワイト」がオススメと書いてありました。

それから九時過ぎにはホテルへもどり、最終の荷物を準備して
蚤の市で買ったものを入れるために
着ていた洋服やら必要でないものを持ってきたゴミ袋に入れてホテルに置いてゆきました。
9:30にはロビーに降りて鍵をフロントに返し、
そしたらフロントお兄さんが何やら私に英語で話しかけているんだけど
さっぱりわからなくて・・ノートに書いてもらうことにしました。
そしたら、お迎えの車が少し遅れるとのことでした。
了解ってことでロビーで待っていたんですが、いくら待ってもこない。
10時になっても来ないし、だんだん焦ってきました。
忘れられてることはないだろうけど、現金も殆ど残っていなし、カードもつかえないからタクシーも乗れないし・・
バスで行くには地下鉄に乗って・・・
とか考えてたら10:10になり、しびれを切らした私はフロントのお兄さんに
予約の用紙に書いてある電話番号に電話をかけてくれと、ジェスチャーでお願いしました。
そして、お兄さんがかけようとした時に、お迎えが来てくれました。
本当に最後の最後にドキドキしました。
そして空港へパリ市内はやはり混んでいたけど無事到着しました。
パリの人の運転は本当に荒くて、よくこんなので事故に遭わないなと思います。
帰りのドライバーさんも結構強引な運転でした。


そして、エールフランスの自動でチェックイン出来る機械で搭乗手続きをしました。
日本語表示もあるので大丈夫です
パリの空港はすっごい長蛇の列で
日本だったら、きっともっと窓口を沢山開けて対処していると思います。
そういうことがないのか、すごく並ぶのでその間に時間が過ぎてフライトの時間に間に合うのか・・
というストレスになるそうです。
なので、ぜひこの自動チェックインをということでした。
パスポートや自分の乗る飛行機の情報をいれるとチケットと荷物にはるタグが出てきます。
それを貼って、荷物を預けるカウンターへ ここは空いていました。
そして、荷物を預け、出国審査へ行き、手荷物の検査の所へ
そこで、まさかのボディチェックをされました。
私が怪しかったのか?とにかく英語も喋れないので、別室とかに連れて行かれたらどうしよう?
と思いましたが、まあ大丈夫でした。
出発ターミナルは入ってすぐのところにあり、迷うことなくすんなりいけました。
免税店がいろいろありましたが、お金のない私には買えないので
売店みたいなとこで残っているお金でお菓子やらサンドイッチやらを購入しました。

そして出発時間まで待つことに。
同じ飛行機に乗るであろう人たちが周りにいましたが
ほとんどが日本人でした。
到着した時に友達になった女の子も同じ飛行機だったのでなんか、凄くご縁を感じました。

そして、飛行機に乗り、隣の席はまた誰もいなかったのでゆったり座れました。
朝の9時過ぎに無事、日本に到着して、そのお友達になった女の子とも再会の約束をして空港を後にしました。

今、思い出しても本当に楽しかったです、
行く前に色々言われたりしていた治安が悪くてスリも多くて怖い目にあうことがあるよ・・
な事が私にはたまたまなかったから、よかったのかもしれません。
日本は本当に安全で安心で住みやすい国だなというのも実感しました。
でも日本に居たら味わえない緊張感やワクワクやドキドキがいっぱい味わえました。
きっと、また外国に行くと思います。
買ってきたもので利益になったりはしないので、お仕事にはならなかったかもしれないけど
一人でパリへ行くと決断してから、行って帰ってきて
自分の内面も何か変わったような気がします。
初めての事をするのは不安がいっぱいあると思うけど
やはり、出来ない理由がなければ一歩踏み出す事をオススメします。
きっと、小さな自信に繋がると思います。

では、本当に最後までお付き合いいただきありがとうございました。


また、第二弾を書ける日がくるまで、がんばりま~す。
スポンサーサイト

初めてのパリ 初めての一人旅 おばさんの大冒険

(Thu)

Posted in 私事

其の十三

6日目
お昼ご飯をT姉さんと約束していたので
ちょっと早めにアリーグルの市場へ行き、蚤の市を物色しました。
がこの日は全然欲しいモノがなくて・・

お昼までにはまだ時間があったので
T姉さんとカフェへ。この日はフランスに来て一番寒い日だったから店内にすわりました。
テラス席も天井から温風が吹く設備がされているから冬も外でお茶を飲んでも大丈夫なんですね
さすがカフェ文化だと思いました。
そしてお昼になったのでお店を占めて旦那さんと三人でランチへ
お知り合いのお店へ連れて行ってもらいました
レボショワールというビストロ
店内は満席で、日本人の観光客にも人気のお店だそうですが、この日は日本人はいなかったです
ランチメニューは前菜+メイン13.5€でお安くてボリュームがありお得です
私は前菜を豆のスープにしてメインをチキンにしたのですが量の多さが半端なくて
全部食べきれなかったです。
でもお味はとても美味しいし、オススメです
それから、手芸屋さんへ寄りましたが、日本でも販売されているベルギーのメーカーのものがありましたが
日本で買うほうがお安いかも・・
兎に角、ユーロが高いので普通のお店で売っているものは買う気になりません。。

それから、地下鉄にのりまたマレ地区へ
メルシーにもう一度立ち寄り、アーツ&サイエンスの皮のバッグの値段がおあまりも高額だったので
もう一度確かめましたが、日本で売られている値段の倍くらいの値段でした。
素敵なモノが色々あるのですが、何といってもお高いので何も買わずに
それからマレ地区のフランブルジョワ通りをぶらぶらして(無印もありました)
地下鉄でピラミッドまで戻り
アスティエッドヴィラッドを買おう!と決意してお店へ行きました
前日の夜にネットで調べて日本では売ってないようなお皿を数点選びレジへ
免税の用紙を用意してくれて、いざお会計をカードでと渡したら
カードは暗証番号を入れてと支持されました。
えっ!!ここに来て予期せぬことが。
暗証番号で買い物をしたことがなかったので、暗証番号がわからないし
サインはノンって言われるし・・
お姉さんたちはもう包んでくれているし・・
でも、番号が何もおもいつかなかったので、結局は謝って購入せずにお店をでました。。
かなり色々下調べをしたつもりだったけどこんなところに落ち度がありました。
まあ、これはまたフランスへ行きなさいってことだと前向きに捉えて
ホテルへ帰ることにしました。
お昼にガッツリ食べたので、ホテル近くのパン屋さんでデニッシュ系の甘いパンを買って
ホテルにもどり、6日目は終了です。


帰国後ガイドブックをもう一度見たらカードの番号を調べておきましょう、と赤字で書いていました^^;

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


初めてのパリ 初めての一人旅 おばさんの大冒険

(Sun)

Posted in 私事

其の十二

五日目
月曜日なので蚤の市は開催していないので
とりあえずルーブル美術館へ行ってみることにしました。

朝ごはんはまた昨日と同じパン屋さんへ行き
キッシュを買いました。このキッシュが結構塩分が強くて半分くらいしか食べれなかったです。
その時にホテルのコーヒーの自販機でカフェオレだろうと思って押したボタンがカフェオレではなく
クリープを湯でといたようなのが出てきて大失敗しました。
日本の自販機にはそんな飲み物は存在しないけどフランスの人はそんなのも飲むのかな?
それか、コーヒーを買ってそれに足してのむのかもしれません。
どうなんだろうか?

そして地下鉄に乗り美術館へ(この時はノートルダムロレットから乗りました)
多分チケット売り場だろうと思うのだけど九時前についたのですが凄い行列が出来ていたので
直ぐに諦めてそこからオルセー美術館へ歩いて行きました
が、休館日だったのでお休みでした。
そこから、パリで出会った女の子達に教えてもらった奇跡のメダイ教会まで歩いて行き
メダイを購入して、すぐ横にある世界最古のデパートルボンマルシェへ行きました。
デパートの食品売り場は凄く楽しくて、かなり長時間ウロウロしました。
それからサンジェルマンデプレ教会へ行ってみようと思い
適当に歩いていたのですが、途中お腹が空いたので
パン屋さんとデリが販売されててその場で食べれるお店に入り
カップ入りの(かなりでかいサイズでケンタッキーのコールスローサラダの3倍くらい)コールスローサラダを
取り、レジでフランスパンを頼んだら、どうもサラダを購入した人にはフランスパンが半分おまけでつくらしく
そうとわかっていたら違うパンにしたのに~と悔しい思いをしました。
そこには、電子レンジも置いてあってパスタも売っていたけど
とにかくサイズが大きくて一人では食べきれない大きさなのでサラダにしました。

それから、途中にサンシュルピス教会もあったのですが
中で何が催されていて報道陣がいたり大勢の人がいて、中には入れなかったです。

それからサンジェルマンデプレ教会へ
入口に浮浪者のおばさんがいて中に入って行く人に恵んでください的な言葉をかけていました。
こういうのはスルーしたほうがいいのか恵んだほうが良いのか?
恵んでいる人は見かけなかったですが・・

そこから、目の前にバス停があるので、バスにのりオペラまでもどり
オペラ界隈をウロウロして、アスティエッドヴィラットへ行きました
東京で見ていていいな~と思っていたのですが兎に角お値段がまあまあするので
購入したことがなかったのですが、やはりパリメイドなのでお値段も少しはお安めだったし
可愛いし、買うかどうかすごく悩んだのですが、その日はまだウロウロする予定だったので
買わずに出ました、このお店の中の作りがすっごく好みで写真を撮りたかったのですが
声をかけれなくて諦めました。

それから、もう一度ルーブルの方へ行き
トイレもしたかったのでよくあるカフェへ入りました。
この旅行中、一人でパリのザ・カフェ的なところに入ったのはここだけです。
この日はそんなに寒くなかったのでテラス席で飲みました。
それからまたルーブルに行ってみたけど、やはり長蛇の列で諦めて
チェイルリー公園へ
とても大きな公園で老若男女、大勢の人がいましたが
平日の夕方なのに、仕事はしてないのか?
パリのカフェもいつも昼間から人がいっぱいいて仕事は?
って思うんだけど、
働く時間が短いのかな?日本人よりは働いてないのは確かですね。
パリの公園には普通にメリーゴーランドがあってなんか本当にオシャレでそれがまた絵になります。
エッフェル塔もこの公園から見えました。
コンコルド側まで歩いたら凱旋門も少し見えます。
今回はエッフェル塔も凱旋門もすぐそばまでは行かなかったので
今度は下まで行きたいな。

そこからはマドレーヌ通りへ行きオペラまで戻りました。
この日は結構歩いたのでかなり疲れていて、地下鉄に乗って帰ったと思うけど
あまりはっきり記憶が無くて、多分オペラからノートルダムロレットまで乗ったんだと思います。
地下鉄からホテルまでの道にカルフールがあるのでそこでりんごと水を買い
その近くの中華料理のお店でお持ち帰りをしようと中に入りました
ガラスケースの中のエビチリを指さして、入れ物は一番小さいのとジェスチャ‐でいい
&チャーハンと言って入れてもらいました。
そしたら店員さんがどうやら温めるか?と聞いてくれているようだったのでホットホットと言って
温めてもらいお会計を、その時も小銭をガサガサさがしていたら、
机の上に広げろ的な感じだったので
小銭を広げて取ってもらいました。

そしてホテルにもどりそれを食べて
一番小さいサイズの割には量が多くてお腹がパンパンになりました。

五日目はこれで終わりです
本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

四日目のピガール駅の近くのお店はモノプリじゃなくてカルフールの間違いでした

初めてのパリ 初めての一人旅 おばさんの大冒険

(Thu)

Posted in 私事

其の十一

四日目
朝ごはんはホテルの近くの有名なアルノーデルモンテというお店で
クロワッサンを買い食べました。
フランスパンはやはりジャムを付けるとかオカズを一緒に食べないとちょっとカスカスな感じですが
クロワッサンはそれだけでもサクサクでとても美味しかったです!

それから11区で開催している蚤の市へ。
オペルカンフが一番近い地下鉄の駅だったので、ホテルからカデ駅まで歩き、7番線に乗り、
ガールドレストで5番線に乗り換えオペルカンフ駅へ。
日曜日の朝だからかもう9時前なのに、街はひっそりしていました
フランスは日曜日はお休みのお店が多いので静かです。

その蚤の市はフリマ的なお店も混じっていてフランスの若い女の子達やおばさんが家のいらないものを
売っているお店を沢山ありありました。中国人が何やらガラクタを売っているお店もありました。
端から端まで歩くと結構、沢山のお店があったのですが、
食べ物の臭いや体臭や香水の匂いがすごくてちょっと辛かったかな

それでも2周くらいしてまあまあ色々買って
また、荷物が重いのでホテルへ戻りました。

また同じ地下鉄を乗り継いで帰り
カデ駅とホテルの間のチャイニーズのテイクアウトのお店が途中にあったので
春巻きと何かもう一つ買った気がするのですがもう思い出せません^^;

そして午後はクリニャンクールへ行ってみました。
地下鉄を降りてからが治安が悪いということだったのですが
確かに移民の人たちが露天を出していて人も沢山いてスリあっても無理はないかな
と思いました。
私はその向い側の道を歩くことにしました。
クリニャンクールの蚤の市は沢山お店はあるのだけど
ついている値札はお安くないので何も買わずに(値切ったら安くなるのかな?)
帰ろうと駅へ向かって行くと丁度バスが来たのでバスに乗りホテルの近くまで戻りました

そして夜ご飯をT姉さん達と食べる約束をしていたので
バスティーユまで行きました。
パリの地下鉄はとてもたくさんあり、便利ですが
同じ場所へ行くにもなん通りもあり、どの線を選ぶのか悩みます。
ホテルの一番近い駅はピガールという駅ですが
この時もピガールから2番線に乗りバルベスロシュシュアール駅に行き4番線に乗り
ガールデュナールで5番線に乗り換えました。
後で教えてもらったのですがこの2番線はあまり治安がよくない路線だそうで乗らない方が良いとのことでした
確かに、列車の中で物乞いをしているおじさんが何やらブツブツ言いながら歩いていました。

これまで全く夜に出歩いていなかったので
ちょっとビクビクしながら待ち合わせ場所へ。
私がお米が食べたいと行ったのでタイ料理に連れて行ってもらい
タイカレーを食べました。
そして、カフェへ行ってコーヒーを飲み帰りはどうすれば一番早くて安全に帰れるかを教えてもらいました。
なので帰りは1番線にのりコンコルドまで行き12番線でピガールまで帰りました。

ピガール駅のすぐそばのモノプリでオレンジジュースを買いホテルへ帰りました。


本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。



初めてのパリ 初めての一人旅 おばさんの大冒険

(Mon)

Posted in 私事

其の十一

二日目の夜はお昼に買って全部食べきれなかったサンドイッチと日本から持ってきた
ペットボトルのお茶を飲み、早々に寝ようと。。

そしたら夜中11時過ぎ頃かな~階段をドンドンと団体の若い男女が喋りながら登っているのか降りているのか
わからないけどかなりうるさくて、上の部屋の椅子を引く音とかもあったり
建物が古いからか、壁が薄いんですね。。
しばらくうるさくてなかなか眠れないかった挙句、夜中に何回か向かいの部屋か斜め前の部屋か
わかないけど、コンコンとノックをして英語で名前を呼ぶ声が(一応はヒソヒソ声だったけど)して
それが4時頃まで続いて、もう本当に辛かったです!
明日もこんなんだったらホテル変わりたいと思うくらいでした。
たまたま、リリコさんに借りたグッズの中に耳栓も入っていたのでそれをしてだいぶ聞こえなくなりましたが・・

まあ、そんな事があり超寝不足で3日目は今回の一番の目的のヴァンブの蚤の市へ行くことに
その前に近くのパン屋さんでフランスパンを買い、ホテルの自販機でインスタントコーヒーを買い
軽く朝ごはんにしました。

蚤の市のあるヴァンブへは乗り換えが必要なので
ホテルの一番近くの地下鉄の駅ピガールから12番線に乗り
サンラザールで13番線にのりヴァンブへ。
地上に上がったら目印を頼りに進み、駅からすぐのところなのでわかりやすかったです。
いよいよ蚤の市、なんか寝不足と興奮でドキドキでした!
が「これいくら?」と「安くなりませんか?」のフランス語と指差の本で
なんとか色々買いました。
日本の女の人がやってる露天もありました。
一通り見て、結構両手いっぱいになったのでボチボチ帰ろうと
露天が並んでいる反対側の歩道をあるいたんですが
いたるところに犬の糞だらけ・・フランス人は持ってからないんですね^^;
なんとかよけながら・・・荷物が重いのでバスで帰ろうと思い
バス停へ行き(バス停も近いです、最初は行きもバスで行こうと思っていたけど時間がかかるのでやめました)ました
このヴァンブからモンマルトルまでの95番のバスはパリの真ん中を通るので
窓からも街並みが見れてオススメです
サンジェルマンデプレやルーブルのピラミッドやオペラの横を通ります
そして、それに乗りサンラザールまで戻りました。
そこからホテルまで歩くつもりだったけど荷物は重いし、お腹も空いててクタクタで地下鉄に乗ることにしました
地下鉄の改札は無人のところもあり、その時も無人だったのですが
切符が詰まっていて、何度やっても入らないので
結局、切符を通さないで入りました。がレバーも切符を入れなくても動くんですね。
日本でありえないです(笑)
そして、ホテルへもどり。
お昼は朝の残りのフランスパンを食べたんですが
今、思うと近くにローズベーカリーがあったので食べに行くとかデリをテイクアウトとかしたらよかったなと・・
後悔しています。
それから、空港で出会った女の子達と夕食の約束をしていたので、その待ち合わせ場所のラファイエットへ向かいますが
まだまだ時間に余裕があったので
ホテルのすぐそばでやっていた蚤の市(プロが出店しているのでそんなにお安くはないようでした)を見たり
お店も数件並んでいる賑やかな場所にホテルがあったのでその辺りを見たり、
モノプリやオランダのプチプライス雑貨のHEMAを覗いたりして
新しくなったギャラリーラファイエットのメゾン館へ。
一階は美味しそうなモノが沢山売っていました。食に関してはあまり探究心がないので
よくわからないですが、きっと有名なお店があるんだと思います。
その中にテイクアウトもできるしその場でもコーヒーやサンドイッチ等が食べれるお店があったので
そこで一休みをしました。
オペラの辺は本当に観光客がいっぱいでラファイエットの中も人がうじゃうじゃいました。

そして、その子達と待ち合わせをしている場所へ行き
晩御飯はカフェ(カフェの名前がわかりません・・)で食べたのですが、ガイドブックに載っていてきっと日本人も多いから
だと思いますが、日本語のメニューを渡してくれました。
私はガッツリ食べたかったのでハンバーグステーキを食べました。
フランスの食事は量が多いんですね。
毎日、あの量を食べたらブクブク太りそうです。
色々話をしたら3人とも京都から来ていて、なんだかご縁を感じました。
一人の女の子は帰りも同じ飛行機で心強かったです。

そして、各自歩いてホテルへ戻りました。

3日目は暖かいご飯も食べれて夜も昨日のような騒ぎがなかったので
ゆっくり眠れました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。