初めてのパリ 初めての一人旅 おばさんの大冒険

(Sun)

Posted in 私事

其の四

蚤の市やフリマ情報は
パリの本屋さんで売っている蚤の市やフリマの情報誌「Aladdin」を買ったらいいよ
と教えてもらっていたのですが
結局、パリでは買わなかったんです。本屋には行ったけどどこにあったのかな?
やっぱり買えばよかったと今更思っても遅いですが・・

なるべくなら日本で先に調べておいて行き方も検索しておこうと思いました
フリマと蚤の市が一緒になっているような催しはこちら
印が付いているのでフリマだけとか蚤の市も混ざっているとかがわかります
vide greniers
ブロカントだけというのはこちらです
SPAM
どちらも次回の開催予告が載っているのでその場所をクリックすると
詳しい場所の地図も出ます
フランス語がわからなくてもなんとなくわかりますよ
(私でもわかったので大丈夫です)
郊外はBROCABRAC
地図の95番の下にパリのあるイル=ド=フランスがあります
そこからの距離等を考慮して検索すれば良いと思います
私は最初から郊外は諦めていたので行っていません

今回行ったのはヴァンブの蚤の市、11区のoberkampf駅付近のブロカントとフリマが一緒になってるのと
ホテルのすぐ近くでやっていた蚤の市2区のMARTYRSと
月曜日以外は毎日開催しているAligreです

今、思い返すともうちょっと別の場所でやっているのも行けばよかったと思いますが
なんか、緊張と空腹と荷物を持ってクタクタでホテルに帰るので
そこからまた蚤の市へ行くパワーが出なかったです

それと一応はクリニャンクールにも行ってみましたが
見るだけで帰りました(観光地になっているので安く買えないかな)

とにかくその場所へバスで行く事を前提に検索しました
今、思い返すと地下鉄に対する恐怖心がかなりあったんですね
でも、結局は前回も書きましたがバスには限度があるので
最初から地下鉄を使うことになりました

旅行を決めてからの2週間はバスのことと蚤の市のことを色々検索していました
それと
パリの治安の悪い話を色々聞いたり、読んだりするうちに
本当に大丈夫か?という思いも膨らんでゆき
誰かパリに知り合いでもいれば・・
と思い長女の同級生の友達でフランス人と日本人のハーフの子がいるのを思い出し
そのお母さんに連絡を取って聞いてもらったりと、かなり遠い人にも声をかけてもらいましたが
なかなかそんな、簡単にはみつからなくて・・

そうこうしているうちに出発の一週間前になりました
知り合いは諦らめかけていたところに凄くラッキーな事があったんです

次回はそのお話を書きますね



今回も最後までお付き合いありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。