初めてのパリ 初めての一人旅 おばさんの大冒険

(Sat)

Posted in 私事

其の六

今回はホテルが間違っていたことが発覚したお話です

最初はなるべくお安く空港からホテルまでの移動しようと思っていたので
ロワシーバスで空港からオペラまで行きそこからホテルまでは15分くらいなので歩く予定をしていました。
が、この時期は日が暮れるのが早くなるので飛行機が着いてオペラまで移動している間に
真っ暗になっていまい、夜に知らない道をスーツケースを引いて15分も歩くのは辛いかな・・
と思い始めました。
かと言って地下鉄も階段の昇り降りがあるし、怖いし・・・

で、結局はここはもう安心をお金で買おう!と思い
日本人のガイド付きの空港送迎を頼むことにしました。
空港送迎も色々と選べますが、私が頼んだものが一番お値段は高いですが
日本人が来てくれるので英語も喋れなくて大丈夫です。
こちらで頼みましたあいのり空港送迎

これに申し込むのにホテルの住所を入れるのですが
プリントアウトした(旅券とホテルは申し込みが完了したらプリントアウトができるようになるのでそれを持っていきます)
ホテルのバウチャー(予約確認券)を見るとなんか住所が違う!(パリはだいたい通りの名前が住所みたいです)
通りが今まで2週間かけて調べていたところと違う!え~嘘嘘~!!かなり焦りました!
でも、そんなには離れていなかったのと、行こうと思っていたパン屋さんやロースベーカリーや
蚤の市の近くだったので、結果的にはよかったのですが
この送迎を申し込まなかったら。。と思うとゾッとしました。

これでホテルの間違いも気づいて後は持っていくものの準備です

とにかくパリはスリが多いと色々書いてあるし
子どものスリが周りを取り囲んで・・とか
iPhoneなんか道で使ってたらサッともっていかれるとか・・
とにかく、そんな事を色々聞いたり見たりしていたので。
対策をねらないと!
と言う事でまずはパスポートや現金を入れる腹巻を作りました
着なくなった伸縮性のあるキャミソールを切って半分に折って縫って。
見た目はブサイクだけど使いやすかったです。
巷にはそういうものも売っていましたが。やはりここはケチって作りました。
それとたっぷり入るエコバッグを作りました。
リュックは絶対に財布を抜かれるとも書いてあり、
斜めがけも背中側にしてたらチャックを開けて財布を抜かれる
と書いてありましたし、実際にそんな目にあったという話も聞きました
なので、お金とか携帯はあまり大きくない斜めがけに入れてもう一つエコバッグを持ち歩く事にしました
それと、財布も携帯も長い紐のストラップをつけてカバンにひっつけておくようにしました。

かなりスリ対策は念入りにしました。

それと、リリコさんから飲み物のペットボトルも数本持っていったほうが便利ということで
こちらも買って少しパンお菓子なんかも入れて行きました。
着替えは全て向こうで捨てて、帰りは買ったものだけを入れて帰るつもりなので
着古したモノを持って行きました。
それからプチプチとハサミとテープ

リリコさんから旅行に持っていったら便利なものを一式貸してもらっていたので
本当に助かりました。
荷物の重さを図るラゲッジチェッカーとか飛行機の中で使う首あて、着圧ソックス
ユニクロの軽量ダウン、耳栓(これが役立つような出来事がありました)上履き靴下・・
自分ではホテルで使うスリッパを持って行きました
安宿にはスリッパも置いてないようなのでこれも持って行って良かったです

それと、ティッシュのロールも万が一のことを考えて一つ入れていきました
(クチコミでティッシュがないのに補充してくれなかったというのがあったので)

出発まではこんな感じかな・・

早いものでパリへ旅立った日から明日で一ヶ月が経ちます。
旅立つまでの不安な気持ちを落ち着かせるために色々と調べていた日々が懐かしいです。

次回は旅立ちの日、パリでの事を書いていきます

では、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。