初めてのパリ 初めての一人旅 おばさんの大冒険

(Fri)

Posted in 私事

其の十

地下鉄に乗り、マレ地区へ
マレ地区へはまた8番線に乗りサンセバスチャンフロワサール駅まで行きます
駅を直ぐに出たこところに
メルシーという生活雑貨やインテリアや洋服があり、日本でいうライフスタイルショップな感じの
お店があります
素敵な物は沢山あるのですが、物価が高いうえに日本円に換算すると結構な高額になるので
いいけど何も買えないわ~という感じでした。
でも、ディスプレイやお店は凄く素敵でカフェも併設されていて
入りたかったけど食費をなるべく少なくしたかったので諦めました

そこからすぐ近くにある子供服屋さんボントンというところへ行きました
お店の中に被り物をして(かつらとかが置いてありました)、写すプリクラ機があったり
雑貨やインテリアもあって可愛いお店でした

そのあとはなんとなくマレ地区を散策して
お腹が空いたのでデリやサンドイッチを売っているところで
(そういうお店も何件もあるのですが、人が並んでいるところにしました)
フランスパンのサンドイッチを買って近くの公園で食べました
どこのお店もなのかはわからないけど
フランスパンの半分くらいの長さのサンドイッチなので値段も700円くらいで
一度に食べきれない量でした
半分にして欲しいとか言えるのかな?
パリの人は一人でその量を食べるのかな?

その後もマレ地区を散策して
一軒、本には載っていなかったけど
日本のいわゆる個人のセレクトショップみたいな小さなお店があり
作家さんの器とかいい感じの雑貨が売られていました
(実はそのお店にもう一度行こうと思い、最終日に行ったけど見つけられなかったのが残念でなりません)

全くガイドブックを見ずになんとなく歩いていたら
市場があり、色々な国の食べ物が食べれる屋台があったりと楽しい市場でした
後で調べたらそれがアンファンルージュの市場だったようです
日本の弁当が食べられるお店もありました
ピカソ美術館もありましたが、行った次の日がオープンの日でその日は
招待者しか入れないようでした

お茶を飲もうとウロウロしていたのですが
パリのカフェは本当にどこも人がいっぱいでなんとなく入るのが
億劫だったのでウロウロしたいたら一件の可愛い小さいカフェを見つけました
四人ほどしか座れない小さいなカフェで黒人の女の子が一人カウンターの中にいました
店内には誰もいなかったので入ってみました。
そこのお店が今発売のLEEに載っていたんです。
そして、カフェラテを注文してまったりしようと思ったら
英語圏の外人さんのカップルが入ってきました。
そしたらまた、一人の男の人が入ってきて
結構な人口密度になりました。
あまりゆっくりできなかったですが、珈琲は美味しくていい感じのお店でした

そして、夕方までウロウロして地下鉄でまた最初に乗ったリュシュルードルゥオーまで戻りました

またまた長くなってしましましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。