初めてのパリ 初めての一人旅 おばさんの大冒険

(Mon)

Posted in 私事

其の十一

二日目の夜はお昼に買って全部食べきれなかったサンドイッチと日本から持ってきた
ペットボトルのお茶を飲み、早々に寝ようと。。

そしたら夜中11時過ぎ頃かな~階段をドンドンと団体の若い男女が喋りながら登っているのか降りているのか
わからないけどかなりうるさくて、上の部屋の椅子を引く音とかもあったり
建物が古いからか、壁が薄いんですね。。
しばらくうるさくてなかなか眠れないかった挙句、夜中に何回か向かいの部屋か斜め前の部屋か
わかないけど、コンコンとノックをして英語で名前を呼ぶ声が(一応はヒソヒソ声だったけど)して
それが4時頃まで続いて、もう本当に辛かったです!
明日もこんなんだったらホテル変わりたいと思うくらいでした。
たまたま、リリコさんに借りたグッズの中に耳栓も入っていたのでそれをしてだいぶ聞こえなくなりましたが・・

まあ、そんな事があり超寝不足で3日目は今回の一番の目的のヴァンブの蚤の市へ行くことに
その前に近くのパン屋さんでフランスパンを買い、ホテルの自販機でインスタントコーヒーを買い
軽く朝ごはんにしました。

蚤の市のあるヴァンブへは乗り換えが必要なので
ホテルの一番近くの地下鉄の駅ピガールから12番線に乗り
サンラザールで13番線にのりヴァンブへ。
地上に上がったら目印を頼りに進み、駅からすぐのところなのでわかりやすかったです。
いよいよ蚤の市、なんか寝不足と興奮でドキドキでした!
が「これいくら?」と「安くなりませんか?」のフランス語と指差の本で
なんとか色々買いました。
日本の女の人がやってる露天もありました。
一通り見て、結構両手いっぱいになったのでボチボチ帰ろうと
露天が並んでいる反対側の歩道をあるいたんですが
いたるところに犬の糞だらけ・・フランス人は持ってからないんですね^^;
なんとかよけながら・・・荷物が重いのでバスで帰ろうと思い
バス停へ行き(バス停も近いです、最初は行きもバスで行こうと思っていたけど時間がかかるのでやめました)ました
このヴァンブからモンマルトルまでの95番のバスはパリの真ん中を通るので
窓からも街並みが見れてオススメです
サンジェルマンデプレやルーブルのピラミッドやオペラの横を通ります
そして、それに乗りサンラザールまで戻りました。
そこからホテルまで歩くつもりだったけど荷物は重いし、お腹も空いててクタクタで地下鉄に乗ることにしました
地下鉄の改札は無人のところもあり、その時も無人だったのですが
切符が詰まっていて、何度やっても入らないので
結局、切符を通さないで入りました。がレバーも切符を入れなくても動くんですね。
日本でありえないです(笑)
そして、ホテルへもどり。
お昼は朝の残りのフランスパンを食べたんですが
今、思うと近くにローズベーカリーがあったので食べに行くとかデリをテイクアウトとかしたらよかったなと・・
後悔しています。
それから、空港で出会った女の子達と夕食の約束をしていたので、その待ち合わせ場所のラファイエットへ向かいますが
まだまだ時間に余裕があったので
ホテルのすぐそばでやっていた蚤の市(プロが出店しているのでそんなにお安くはないようでした)を見たり
お店も数件並んでいる賑やかな場所にホテルがあったのでその辺りを見たり、
モノプリやオランダのプチプライス雑貨のHEMAを覗いたりして
新しくなったギャラリーラファイエットのメゾン館へ。
一階は美味しそうなモノが沢山売っていました。食に関してはあまり探究心がないので
よくわからないですが、きっと有名なお店があるんだと思います。
その中にテイクアウトもできるしその場でもコーヒーやサンドイッチ等が食べれるお店があったので
そこで一休みをしました。
オペラの辺は本当に観光客がいっぱいでラファイエットの中も人がうじゃうじゃいました。

そして、その子達と待ち合わせをしている場所へ行き
晩御飯はカフェ(カフェの名前がわかりません・・)で食べたのですが、ガイドブックに載っていてきっと日本人も多いから
だと思いますが、日本語のメニューを渡してくれました。
私はガッツリ食べたかったのでハンバーグステーキを食べました。
フランスの食事は量が多いんですね。
毎日、あの量を食べたらブクブク太りそうです。
色々話をしたら3人とも京都から来ていて、なんだかご縁を感じました。
一人の女の子は帰りも同じ飛行機で心強かったです。

そして、各自歩いてホテルへ戻りました。

3日目は暖かいご飯も食べれて夜も昨日のような騒ぎがなかったので
ゆっくり眠れました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。