パリ買い付けの旅Part2

(Sun)

Posted in 買い付け

IMG_1428.jpg

其の五

それから、サンマルタン運河へ行き、そこの近くにも雑誌に載っていたカフェがあったのですが、
一人では食事をする勇気が無く、そこらへんをウロウロ
凄く素敵なお花やさんがあったのですが、お休みで中をジロジロ見て、滞在中にもう一度行こうと思っていましたが
行けずに帰ったので次回のお楽しみです。
補足ですが
前回のセレクトショップはrepubliqueにあり、そこからサンマルタン運河へも歩いていけます
話が前後しますが、そのセレクトショップへ行く前に今風のカフェに入ったのですが
パリのカフェはほとんどがWIFIフリーでそこのお店もそうでした。
一応つなぐのに、パスワード的なモノをいれるので、そのお店で店員のお兄さんに聞いたら「WIFIフィー」って
言われて、何って行っているのかわからなかったので紙にかいてもらったら「wififree」と、
フランス語の発音なのか。フリーが聞き取れませんでした。
まあ、無事に繋がり検索できました。この地区に美味しそうなパン屋さんもあったのですが
日曜なのでお休みでした。

それから・・16区のパッシー地区へ
BCBGの発祥の地だそうでアールヌボー建築の素敵なお屋敷があって高級な住宅地でした。
そこに公園があるのですが、人形劇の小屋(ラヌラーグのマリオネット)があり、とても興味があったのですが
中に入る勇気は無く、外からも見えないので諦めました
かなり前に買った本にリュクサンブール公園の人形劇も載っていましたがこちらの公園にもあるんですね。
そして、そこに「ヤマザキ」のパン屋さんがあり、どんなのかな?と思って中へ入り
日本でよくある三角のサンドイッチが売られていて購入してみたのですが
4.8ユーロ日本円にしたら638円(この時のレートが133円なので)
これは痛い出費でした!ちなみに味は普通で
この日の晩御飯はこれだけになりました。

この時期のパリは8時過ぎまで明るいのでサンドイッチをホテルで食べてから
前回のホテルの近くだったのに、行かなかったモンマルトルへ行きました。
観光客が凄く沢山いたのですが、日本人はいなかったように思います。
少しはいたのかもしれませんがすれ違わなかったです

坂道を登っていくのですが、ケーブルカーもあり(券がなかったら絶対乗らないであろうとても短い距離でした)
一日券が使えるので、並んでそれに乗ってサクレクール寺院へ
そこにも沢山観光客がいましたが、大きな銃を持った迷彩服をきた警察官が数人いて
やはりテロがあったから、人の沢山集まるところにはいるのかもしれません。
おみやげ屋さんがいっぱいあり、観光地らしい場所でした

とにかく、この日も何も起こらなくてよかったと眠りにつきました

今回もお付き合いくださり、ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。